Featured post

れびとらジェネリックでチャンスを逃さない

ED治療薬を選ぶポイントとは

ED治療薬は大きく分けて3種類にある事をご存知でしょうか。
最初に開発されたバイアグラは有名ですが、それからも使いやすさやなどを改善した、れびとらやシアリスが作られました。
他にもジェネリックが数多く作られていますが、それらは先発薬と同じ特徴を持ちます。
飲みやすさや効果の強さ、即効性に効果の持続時間など、どれも一長一短ですから、自分にとって何が一番重要なのかがED治療薬を選ぶポイントだと言えるでしょう。

チャンスを逃したくない人にとって重要なポイントとは

何が重要かは人それぞれですが、いざ薬が必要な場面になった時、すぐに使えるかどうかがチャンスを掴めるかどうかに直結します。
せっかくチャンスが訪れても、空腹時に服用しなくては効果が得られないとか、薬を飲んでから2時間ほど待たなくてはならないとなれば、そのチャンスを逃しかねません。
ですから、チャンスを逃したくない人にとって重要なのは、必要な時にすぐ飲んで短時間で効果が現れる薬であると言えます。

即効性を誇るED治療薬れびとら

ED治療薬の中で、食事やお酒からの影響を受けにくく、即効性があるものと言えば、れびとらが挙げられるでしょう。
これは二番目に作られた薬で、食事やお酒の影響を受けやすいというバイアグラの特徴が改善されました。
その上、服用して効果が現れるまで最短で30分程度とされ、長くても1時間で血中濃度が最高に達します。
ですから、不意にチャンスが巡ってきても、服用してシャワーを浴び、前戯を行っている間に十分な効果が得られるようになるのです。

いつでも使えるようにジェネリックを

このように、即効性があるれびとらはチャンスを逃したくない人にはぴったりの薬だと言えますが、一方で価格の高さがネックになってしまいます。
処方してもらった場合、1錠で2000円程度かかってしまいますから、経済的に余裕がなければ好きな時に好きなだけ使うとはいきません。
そんな時は、同様の効果が得られて価格が抑えられるジェネリックを利用してみてはいかがでしょうか。
ネット環境さえあれば、個人輸入代行サービスを利用して海外のれびとらジェネリックを1錠100円以下から購入できます。
これなら薬の残りを気にする事なく、ナイトライフを楽しむ事ができるでしょう。

サビトラなどレビトラのジェネリックをお探しなら

レビトラは食事の影響を受け難いのでしょうか

レビトラと食事との関係について
バイアグラは食べ物の影響を受けやすいために、基本的に空腹時に服用するように勧められています。その欠点を改良したのがレビトラだとされていますが、実際にはある程度食事の影響を受ける薬です。バイエル薬品の公表データによると、メニュー内容で脂肪含有率が30%以上あると吸収率が低下するとあります。この脂肪含有率が30%という表記は私達には分かり難いので具体的な例を挙げて説明しますと、牛丼チェーンでは一般的に700Kcal弱で並盛を提供しています。そこで脂肪率30%は210Kcal以下という事です。牛丼屋さんによっては脂質を210Kcal以上に設定しているところと200Kcal以下にしている所があって、どのお店の牛丼を食べるかでレビトラの吸収率が変わってしまうのです。また同じお店でも並盛ならOKで、大盛り・特盛になると脂肪含有量が30%を超える場合があります。この点に関してはお店のメニューにカロリー表示でしっかりと確認しておくと良いでしょう。また腹7分目ぐらいでも問題はないとされているレビトラですが、やはりバイアグラと同様に空腹時に服用するのがベストでしょう。

レビトラの正しい服用方法について
まず服用のタイミングですが、一般的には性行為の1時間前に飲むと安心でしょう。ただし空腹時であれば15分後ぐらいから効いてきます。これは有効成分含有量が10mgでも20mgでも同様です。10mgの場合は4~5時間の効果持続が可能ですが、20mgならば倍の8~10時間持続しますから、デートのスケジュールを考えて使い分ける事も出来るでしょう。ポイントは即効性が高いという事で、効き目の良く出る方であればベットインする10分前に服用して、ゆっくりと前戯に入る方法でも問題ありません。反対に心因性EDの方のように落ち着いて性行為に入りたい方は、できれば1時間ぐらいインターバルを置くと焦って性行為に入る心配もありません。また1日の服用は1回、そして服用間隔は24時間以上を守る事も肝心です。