れびとらで男を取り戻せ

れびとらの発売

れびとらは世界的にも有名な製薬会社で開発され、オレンジ色が印象的な錠剤で、5mg錠と10mg錠が2004年6月に発売されました。
そして、2007年7月には20mgが出揃い医療機関から入手出来る様になったという訳です。

れびとらの科学的特徴と薬価について

当該のED治療薬の有効成分であるバルデナフィルを利用し、性的な刺激を与えると、一酸化窒素の放出により、結果的に勃起作用を誘発し勃起する訳です。
特にれびとらの20mg錠を利用すれば最高血中濃度に達する時間である半減期は、42分程度から54分前後と比較的早い部類に入るので、10mg錠では効き目が今ひとつという場合には増量しても良いかも知れません。
ところで気になるれびとらの薬価ですが、国内のED治療のクリニックで処方された価格は10mg錠1錠が税込み1500円で、20mgの場合は税込みで2000円だそうです。
しかしこれでは、実際には裕福層にしか手が届きません。

海外のジェネリック事情に驚き

それでは海外で作られた、ジェネリック医薬品を利用すれば良いのではという意見も飛び出すかも知れません。
しかしながら、国内で当該薬のジェネリックの販売は許可されていませんから、残る手段は海外で作られたED治療薬を、個人輸入を行うという形で入手する事です。
海外のED治療薬は、様々ですがれびとらのジェネリックは国内の価格の10分の1以下でもお釣りがくる程の価格ですから、利用しない手はないでしょう。

個人輸入代行業者を利用するのはとっても簡単

購入方法は、インターネット通販で家電製品や雑貨等を購入する様に、個人輸入代行業者のWEBサイトから、まずは希望する医薬品の名称で検索をして、目的の医薬品をカートに入れます。
そして、画面に出る指示に従いクレジットカード等で決済を行えば、商品が到着するのを待つばかりです。
また、自宅に届けられた配送物は外見からは中身が判らない様な工夫を施しているので、子供やパートナーに知られたくないという人には、朗報と言えるかも知れません。
また郵便局留めにしておき、週末等に郵便局に受け取りに出掛けるという方法を採る事も可能です。