れびとらのジェネリックは偽物に気をつけて

なんとれびとらはバイアグラより二番目に製造された医薬品

男性の性的不能を手助けしてくれる治療薬が色々と販売されています。
世界で初めてED治療薬として販売されたのが、バイアグラでしたが、れびとらは、なんとその次に製造された治療薬でもあります。
実際に販売されたのは2003年のアメリカからでした。
日本では、2004年度に販売がスタートされ、約10年以上の月日が流れています。

れびとらは偽造が多いのでジェネリック品も注意が必要です

日本で10年以上も販売されているれびとら製品ですが、通常は医療機関で処方されるものですが、個人輸入などを利用すればもっと格安に手に入れることができます。
またれびとらのジェネリック製品であれば、さらにもっと安く手に入れることも可能なのです。
ただ、ここで注意して欲しいことがあります。
それはれびとらと称される医薬品の中で、正規ルートで購入していないものの中には、偽造品が多いということです。
またそれに準ずるジェネリック品もさらに注意する必要があります。

偽造品の危険性について

偽造品を使用してしまうと、服用期間中に死亡したり、昏睡状態に陥ってしまったり、低血糖で倒れてしまうなどの健康被害があります。
偽造品を掴んでしまわないためにも、個人輸入や個人輸入代行業者を利用するときには、怪しげな販売業者と関わらないようにすることが一番の回避策です。

販売ルートや製造工場、個人輸入代行業者をチェック

現在、れびとらのジェネリック製品には、サビトラ、バリフ、ジェビトラがあります。
偽造品を手に入れないようにするためには、個人輸入を行う場合であれば、販売ルートや製造工場などをしっかりとチェックし、正規のジェネリック製品を作っている会社かどうかもあわせてチェックをする必要があります。
個人輸入代行業者を利用するなら、名前も聞いたことがないような業者を選ぶよりも、大手の多数の取引実績のある業者を選びましょう。
何故なら大手個人輸入代行業者であれば、専門の薬剤師が薬の成分について安全なものであるかどうかを常にチェックしているため、より製品の安全性について保証されているからです。