レビトラは食事の影響を受け難いのでしょうか

レビトラと食事との関係について
バイアグラは食べ物の影響を受けやすいために、基本的に空腹時に服用するように勧められています。その欠点を改良したのがレビトラだとされていますが、実際にはある程度食事の影響を受ける薬です。バイエル薬品の公表データによると、メニュー内容で脂肪含有率が30%以上あると吸収率が低下するとあります。この脂肪含有率が30%という表記は私達には分かり難いので具体的な例を挙げて説明しますと、牛丼チェーンでは一般的に700Kcal弱で並盛を提供しています。そこで脂肪率30%は210Kcal以下という事です。牛丼屋さんによっては脂質を210Kcal以上に設定しているところと200Kcal以下にしている所があって、どのお店の牛丼を食べるかでレビトラの吸収率が変わってしまうのです。また同じお店でも並盛ならOKで、大盛り・特盛になると脂肪含有量が30%を超える場合があります。この点に関してはお店のメニューにカロリー表示でしっかりと確認しておくと良いでしょう。また腹7分目ぐらいでも問題はないとされているレビトラですが、やはりバイアグラと同様に空腹時に服用するのがベストでしょう。

レビトラの正しい服用方法について
まず服用のタイミングですが、一般的には性行為の1時間前に飲むと安心でしょう。ただし空腹時であれば15分後ぐらいから効いてきます。これは有効成分含有量が10mgでも20mgでも同様です。10mgの場合は4~5時間の効果持続が可能ですが、20mgならば倍の8~10時間持続しますから、デートのスケジュールを考えて使い分ける事も出来るでしょう。ポイントは即効性が高いという事で、効き目の良く出る方であればベットインする10分前に服用して、ゆっくりと前戯に入る方法でも問題ありません。反対に心因性EDの方のように落ち着いて性行為に入りたい方は、できれば1時間ぐらいインターバルを置くと焦って性行為に入る心配もありません。また1日の服用は1回、そして服用間隔は24時間以上を守る事も肝心です。