病院処方以外のジェネリック薬れびとら

夢のジェネリック薬れびとら

常用している薬がもっと安い価格で購入できたら、と悩んでいる人にとって、ジェネリック薬の登場は画期的なものでした。
オリジナルの薬と違うのは名称だけで、有効成分や効果は同じように期待できるとなれば、正規版よりもジェネリック薬を利用したいと感じるのは当然です。
ED(勃起障害)治療薬のれびとらにもジェネリック薬が登場し、EDに悩む男性を助ける夢の薬になるのではないか、と期待されています。

どうやって手に入れる?

となれば、EDで悩んでいる人にとってはすぐにでも正規版からジェネリック薬のれびとらに切り替えたいはずです。
しかし、事はそう簡単にはいきません。
まず、正規版のれびとらは病院処方が原則ですし、ジェネリック薬のれびとらは病院処方は行われていないからです。
つまり、病院で診察してもらい、医師を通して正規に処方してもらえる薬ではないという事です。
ではどうすれば法を犯すことなく手に入れることができるのかというと、個人輸入代行業者を利用する方法です。

薬の個人輸入代行業者と利用時の注意点

薬の個人輸入代行業者というのは、個人に代わって海外からの正規・非正規の医薬品を輸入・代行してくれる業者の事です。
各業者のホームページから希望する薬の注文を頼むことができます。
その際の注意点ですが、重要なのはれびとらを服用して生じた副作用や、その他品質についてはすべて自己責任となってしまうことです。
低価格というメリットばかり見て、安全性を忘れてしまいがちになる人もいるかもしれませんが、100%安全に使えるというわけではないということを念頭に置いておく必要があります。

個人輸入代行を利用する時の要チェックポイント

個人輸入代行を利用する際の重要事項ですが、大きく分けると、健康に関わることと、購入に関わることの2つに分けられます。
健康面では、自己判断で個人輸入を利用した場合、服用した副作用はすべて自己責任です。
また、個人輸入代行業者に対して薬品に関する効果・薬効などの説明は薬事法の規定上できないことになっています。
利用する時には自分で情報収集が必要です。
購入面では、金額によっては関税が発生すること、クーリングオフ制度は適用されないこと、ほとんどが自宅発送でしか頼めないこと、などがあります。
これらの要チェックポイントを再確認して、安全に利用できればED治療の助けとなってくれることが期待できます。